感染症の予防

感染症と出席停止について

下記の感染症にかかった時は、集団発生を防ぐため『出席停止』になります(『欠席』の扱いになりません)。診断が出た際は登校を見合わせ、担任に病名を連絡してください。

 完治後、登校する際は、医師に記入してもらった「登校許可証」や保護者が記入する「登校連絡票」が必要になります。感染症によって提出書類が異なりますので、下記の案内に従ってください。

 

1 府中市指定の登校許可証(3枚複写)を医師に記入してもらい、学校への提出が必要なもの

 

百日咳

麻疹(はしか)

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

風疹

水痘(水ぼうそう)

咽頭結膜熱(プール熱)

腸管出血性大腸菌感染症(O-157等)

流行性角結膜炎

急性出血性結膜炎

溶連菌感染症

マイコプラズマ肺炎

ヘルパンギーナ(夏かぜ疾患の一種)

感染性胃腸炎(ノロウイルス、ロタウイルス)

髄膜炎菌性髄膜炎

 

※登校許可証の用紙は学校にあります。

  医師による診断が出ましたら、すぐに担任までご連絡ください。

 

 

2 診察後、医師から登校の許可を受け、保護者が「登校連絡票」を記入するもの

(1)インフルエンザ

 

 「登校連絡票(インフルエンザ)」→こちら

 「健康観察カード」→こちら

 

(2)手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、帯状疱疹、伝染性膿痂疹(とびひ)等上記以外の感染症

※学校から登校連絡票をお渡ししますが、こちらからも印刷してご利用いただけます。

下記のクリックし、ご家庭で印刷の上、記入して登校日にお子さんに持たせてください。 

 

「学校感染症の登校連絡票」→こちら